ご挨拶

LINEで送る
[`evernote` not found]

 生まれ育った甲府市が、これからも活力に満ち溢れ、すべての人が住みやすい街にするために「まっすぐに、ひたむきに、新しい甲府を」のスローガンのもと政治活動を進めてまいります。

 甲府市は、毎年人口が約千人減少し、二十年後には約十七万人になると想定されます。このうち六十五歳以上の高齢者の割合は増加しますが、現役世代の減少が顕著になると考えられます。そのため税収は年々減少し、各種事業の廃止、縮小等が余儀なくされ憂うべき状態にあります。

 これからの甲府市は、人口の増加と財源の確保が重要となります。リニア駅、中央道スマートインターの設置、また中部横断道の整備等、大規模プロジェクトのチャンスを活かし、企業やショッピングセンター、又観光関連産業等の誘致を積極的に推進してまいります。これにより、新たな雇用も生まれ、人口の増加を図ることができ、更に企業等からの固定資産税、法人税、個人からの住民税等の増収が見込まれます。そして、この増加した財源により「福祉、子育て、教育」の充実、更には公園、コミュニティースペース、バリアフリー化等の整備をし、安全で安心な、活力ある甲府市を創りたいと考えます。

 皆様方から頂いたご温情を糧にし、微力ではありますが、全力で邁進していく所存であります。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

藤原 伸一郎

PAGETOP